技術情報 要素技術について

研削・研磨技術

オングストロームレベルの精度を実現する
システム精工の研削・研磨装置技術

当社の研削・研磨装置技術は、極めて高い平滑度が求められるハードディスク製造の分野で培われてきました。そのためわたしたちは、限りなく平面を目指す加工を実現する研磨装置を提供しています。超軽荷重も可能な正確な加圧機構を実装することで、オングストローム(1オングストローム=1000万分の1mm)レベルまで精度を求めることが可能となり、アルミ、ガラス、樹脂、シリコンなど、材質を問わず高品質・高性能な研磨を実現しています。
また難素材の精密研磨を手がけるケメット・ジャパングループに属することで、研磨加工のノウハウがさらに充実。グループ展開のメリットを生かし、あらゆる業界の装置開発・加工ニーズに対応します。

当社技術の特長・強み

  • オングストロームレベルの精度
  • 超軽荷重も可能な高精度加圧
  • 材質に応じた最適な加工法を提案
  • 難素材にも対応するノウハウが充実

研磨装置紹介

  • LPM-15 卓上研磨機
  • BC-15 卓上CMP実験機

検査技術

ナノレベルの欠陥も見逃さない
高品質の検査装置をクリエイト

「削る・磨く」と並び、「見る・検査する」も様々なモノづくりに求められる要素技術です。加工品質の高度化を追いかけるように、それをチェックする検査技術も著しく向上しており、現在ではナノレベルの欠陥でも見逃さないほどの精度を実現しています。
当社の検査技術における強みは、やはり平面における欠陥検査に長けていること。そして世の中にある技術をフル活用し、様々な目的や用途に応じた検査機を提供できることです。例えば半導体製造に携わるグループ企業の協力を得て、広範囲にはカメラ検査、狭い範囲には当社が得意とするレーザー検査を提案するなど、適材適所の技術応用で幅広い要望に応えています。

当社技術の特長・強み

  • 平面検査に強みを発揮
  • 局所から広範囲まで様々な検査に対応
  • カメラやレーザーなど検査装置の最適化
  • 材質やサイズに応じた出力や波長の最適化

システム・インテグレーション(SI)

豊富なノウハウと経験で
スムーズな自動化工程を実現

既存の機械を組み合わせたり、オリジナルで開発した装置と一般的に手に入る装置をミックスして運用したり…。様々な角度からの検証や柔軟な発想が必要とされるシステム・インテグレーションは、自動製造装置で確かな実績を残してきた当社が最も得意とする分野。それぞれに適した要素技術を結集させ、唯一無二の装置としてお客様に提供します。
そのためには、世の中にある様々な設備への知識と、必要なものを開発する技術、それらを組み合わせて最適を追求するノウハウが不可欠です。各工程を滑らかにつなぎ、省人化により不具合の原因を取り除いた「クリーンロボット・クリーン輸送システム」は、その結実と言えるでしょう。

当社技術の特長・強み

  • 既存の設備への深い知識
  • 世の中にないものを開発する技術
  • 最適な組み合わせを追求するノウハウ
  • SIを極めた自動化装置のパイオニア