採用情報 わたしたちのチャレンジ

モノづくりに「!」なアイディアを。

わたしたちが目指すビジョン

01新たなる
グローバルスタンダードへの挑戦

当社はハードディスク自動製造装置を開発した世界初のメーカーとして、業界のグローバルスタンダードを築き上げました。その技術とノウハウを応用し、新たなカタチで生かすことが、わたしたちがまず取り組むべきチャレンジです。例えば、今後3Dプリンターがさらに普及すれば、立体物の研磨や検査のニーズも高まってくるでしょう。平面を制した技術を応用・昇華させ、「立体」という新たな分野に活かしていくこともビジョンの一つとして考えています。
様々な可能性を模索し、新たなるグローバルスタンダードをつくりあげる。それが、一分野で世界トップシェアを獲得したメーカーとしての、誇りをかけたチャレンジです。

02グループ会社と連携し、
シナジー効果で可能性を開く

2014年、システム精工はダイヤモンド研磨材と精密研磨のトップブランドである、ケメット・ジャパン株式会社のグループ企業となりました。それによって最先端の研磨のノウハウを手にするとともに、半導体検査装置を手がける関連会社との連携も可能に。ハードディスク業界という枠から飛び出し、半導体という広い分野とのつながりを得たことで、可能性はさらに開けました。ケメット・ジャパングループとして出展する展示会でも、当社が提案する自動製造装置は驚きと感動をもって受け入れられています。
このように「平面の研磨・検査」という確固たる強みを持ちながらも、これまでたどり着かなかった分野との縁ができたことで、わたしたちが蓄積してきた技術とノウハウは再び開花することでしょう。

03モノづくりの「ワクワク」を
確かなビジネスにつなげるビジョン

私たちが大切にしているのは、モノづくりに携わる「ワクワク」です。目の前の仕事が、想像を超えた世界で人々の役に立つかもしれない期待感は、技術者ならではの醍醐味に他なりません。モノづくりにおいて「削る」「磨く」「見る」は基本的な要素。だからこそ、それらの高い技術と豊富なノウハウを持つ私たちの活躍のフィールドは無限に広がっているのです。そして企業である以上、その「ワクワク」を確かなビジネスにつなげていかなければなりません。

わたしたちが求める人物像

探究心のある人 科学・技術に「ワクワク」できる人 人の役に立ちたい人

何より、モノづくりが好きであることは大前提です。思い描いたものが、やがてカタチになって動き出す。そのことにおもしろさを見いだせる人や、世の中にある様々な技術に興味を持って「ワクワク」を感じられる人もこの仕事に向いています。 最も大切なのは、ある技術についての知識を得たときに「へぇ」で終わらず、「もっと知りたい」と自ら一歩踏み込めること。その探究心こそ、技術者に欠かせない大事な要素だとわたしたちは考えます。

仕事を通して誰かの役に立ちたい、お客様の要望にそれ以上の結果で応えたい、そんな使命感を自然に持つことができると、仕事はグンと楽しさを増します。理系・文系に関わらず、あふれる探究心を意義ある仕事へとつなげていけるような頼もしい人とともに、システム精工の未来を描きたいと思っています。